2010年 03月 10日

<顧客情報紛失>ゆうちょ銀行荒川店で3万人分(毎日新聞)

 ゆうちょ銀行は9日、東京都荒川区の荒川店で保管していた約3万3600人分の顧客情報が入ったフロッピーディスク計7枚を紛失したと発表した。誤って廃棄した可能性が高く、情報の悪用による被害は確認されていないという。

 同行によると、紛失した情報は05年3月〜08年2月、荒川店で積立貯金の預け入れか通常の払い込みをした顧客の口座番号と取引金額。情報は暗号化されており、悪用される可能性は低いという。

【関連ニュース】
近鉄百貨店:全従業員の個人情報紛失
ジブラルタ生命:契約者情報記録のPC盗難
都立広尾病院:USBメモリー紛失 患者138人分
顧客情報紛失:近畿大阪銀が150人分 名前など記載
カード情報流出:アリコジャパンに改善命令

ダンス 世界のトップが競演、観客うっとり 東京体育館で(毎日新聞)
普天間移設で国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」(産経新聞)
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(3)ぶれる日本は「蚊帳の外」(産経新聞)
保護責任者遺棄で両親逮捕=4歳男児に食事与えず−埼玉県警(時事通信)
[PR]

by kfzjvbb4s7 | 2010-03-10 05:27


<< 普天間 官房長官と米大使 会談...      「追われている」が「お前なんか... >>